存在一覧

どのようなものでも、存在すると思えるものはすべてどこかの次元に必ず存在しています。存在しないものは想像することすら不可能です。 by バシャールと宇宙連合 : バシャール初期の傑作『ニュー・メタフィジックス』

どのようなものでも、存在すると思えるものはすべてどこかの次元に必ず存在しています。何が存在し何が存在しないのかという判断の基準となるのは、た...

「存在」から最初に分化または派生するのは「知恵」、すなわち自己に対する気づき、自分自身が大いなる全てであるという気づきです。 by バシャールと宇宙連合 : バシャール初期の傑作『ニュー・メタフィジックス』

「存在」から最初に分化または派生するのは「知恵」、すなわち自己に対する気づき、自分自身が大いなる全てであるという気づきです。 以上を、バシ...

「存在自体には始まりも終わりもありません。存在は常に存在していましたし、これからも存在し続けるのです。 by バシャールと宇宙連合 : 『ニュー・メタフィジックス』

いわゆる「存在」には初めも終わりもありません。皆さんの概念における「初め」から「存在」はありました。(中略)「存在」とは本質的にそれ自体が完...

実際に存在しているのは『空』という流動しつづける全体性だけであって、『自分』とか『何か』とか、そういうふうに他と分離して存在するものは、何一つないってことなんだ。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 実際に存在しているのは『空』という流動しつづける全体性だけであって、...

「過去」も「未来」も、言葉としては存在するが、実在するものではない。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版をバシャール的に読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「過去」も「未来」も、言葉としては存在するが、実在するものではない。...

本当は何一つ存在していない。目に見える物質的な世界から、頭の中でアレコレと思い煩う思考の世界に至るまで、僕たちが見ていた世界はすべてバーチャル・リアリティなんだ。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 目で見た映像も、耳で聞いた音も、鼻で嗅いだ匂いも、舌で感じた味も、身...

「万物すべてがひと続きの同じ存在」という視点に立つと、キレイだとか汚いだとかも言えなくなる。増えるとか減るということも言えなくなる。すべてだから比較する対象もないわけだ。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「万物すべてがひと続きの同じ存在」という視点に立ったところから見ると...

実際に存在しているのは『空』という流動しつづける全体性であって、『自分』とか『何か』とか、そういうふうに他と分離して存在するものは、何一つない。すべてが連携しあった、ひと続きの同じ存在。:『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に つまりだね、実際に存在しているのは『空』という流動しつづける全体性で...

『自分』という、万物からかけ離れて存在すると錯覚された感覚があるからこそ、ありのままの世界ではなく、「自分から見て」という制限された世界を見てしまうんだよ。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』をバシャール的に読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 『自分』という、万物からかけ離れて存在すると錯覚された感覚があるから...