いま一覧

「思考にとらわれないように」と努力をしなくも、「感じる」ことでおのずと「いま」に帰ることはできる。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に わざわざ「思考にとらわれないように」なんて努力しなくたって、「感じる...

意識が「いま」というゼロポイントと完全に一致していると、「時の流れ」は消失する。その意識状態が、いわゆる「さとり」と呼ばれるもの。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 意識が「いま」というゼロポイントと完全に一致していると、「時の流れ」...

「幸せになりたい」という思いは、「現状を受け入れたくない」という思いの裏返しなんだ。でも、本当の幸せは、その「いま」の中にしか存在しない。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「幸せになりたい」という思いは、「現状を受け入れたくない」という思いの裏返し...

「うつ」は、意識が「思考の次元」にあるときに出てくる症状。意識が「いま」にシフトしたら、症状も、状況も、瞬く間に変わり出します。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「うつ」は、意識が「思考の次元」にあるときに出てくる症状。意識が「い...

おまえはもともと「いま」に存在している。そこから離れたことはない。そこ以外に存在したことなどないんだ。ただ、その自覚を失っていただけ。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に おまえはもともと「いま」に存在している。そこから離れたことはない。そ...

「思考にとらわれないように」なんて努力しなくたって、「感じる」ことでおのずと「いま」に帰ることはできる : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版をバシャール的に読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に わざわざ「思考にとらわれないように」なんて努力しなくたって、「感じる...

「いまとともにある」という状態へ帰りなさい。(中略)意識を「思考の次元(幻想世界)」から「体感の次元(現実世界)」に合わせるんだよ。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』をバシャール的に読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「いまとともにある」という状態へ帰りなさい。 (中略) 意識を「...

「いま」に戻ったとき、人生は時間や因果(計画)を超えて、瞬く間に好転を迎えることだろう。現実創造の起点は「時間(思考)」の中ではなく、「いま(現実)」の中だ。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「いま」に戻ったとき、おまえの人生は時間や因果(計画)を超えて、瞬く...

そもそも自分はスクリーン(思考の次元)の中にはいなかった、という事実に気づきなさい。常に真我は「いま」とともにあり、そこから離れたことなど一度たりともないということに気づきなさい。:『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に そもそも自分はスクリーン(思考の次元)の中にはいなかった、という事実...

意識が「いま」というゼロポイントと完全に一致していると、「時の流れ」は消失する。その意識状態が、いわゆる「さとり」と呼ばれるものだ。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 時の流れは、思考の次元内においてのみ存在するもので、そこに「いま」は...