瞑想とは 分離がなくなることです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

シェアする

瞑想とは
分離がなくなることです

以上、J.クリシュナムルティ (著), 中川吉春(翻訳)『瞑想』P.32より引用させていただきました。

夢の中で、夢の中の自分とその他の世界は分離しているように見えますが、皆さんご存知のように、夢の中の自分も自分以外の世界も、両方ともひとつのものであり、両方とも自分です。