自分が一番ワクワクすることを「自然にやってくる一番明白な機会」に行動に移せば、努力はまったくいりません。 by バシャール

シェアする

自分が一番ワクワクすることを「自然にやってくる一番明白な機会」に行動に移せば、努力はまったくいりません。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック6―ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる (VOICE新書)』P.120より引用させていただきました。

「している」のではなく「しようとしている状態」は

本当の自分ではなく、自分以外の何者かになろうとしている。
まわりの現実と自分との共時性を信頼していないときに生じる。
自然が自分に与えてくれた道具を信頼していない、ということ。
まだ、「まわりの人が”期待”していること」をやろうとしているときの状態。
まだ、「努力を必要としない本当のあなた」以外のパターンに従おうとしている。

自分のフィーリング、すなわち感じているところから行動にいく前にそれをショートさせないで、ということ。
物事を実現するのに、このような方法もあるのだという「新しい創造的な定義づけ」が自分にやってくるまで、のんびりと見ていてくださいとのこと。

……ということで

できれば努力はしたくないものですが、他人から見たら努力でも、自分がやる分にはまったく努力と感じないというのが理想かもしれません。