何もしなくても、いまあるがままで、自分も状況もOKだということ。これは「いまここ」を深く理解したとき、誰もが納得する真実。と同時に、生きるとは変化することであり、命の本質はその動きにある。阿部敏郎著『いまここ』より

シェアする

何もしなくても、いまあるがままで、自分も状況もOKだということ。
これは「いまここ」を深く理解したとき、誰もが納得する真実。
と同時に、生きるとは変化することであり、命の本質はその動きにある。

以上、阿部 敏郎 (著)『いまここ―すべてがうまく流れ出す宇宙の絶対ルール』P.155より引用させていただきました。

なんだろう?これは!って感じですね。

頭で考えると、これは矛盾しています。

あるがままでOKなら、何もしなくて良いはずです。

だからこれは、次のように言えるかもしれない。

人はあるがままでOKだから、常に何かをしている。

つまり、つねに変化していることが、あるがままなんでしょうね。

何もしないことが、あるがままではなく。

変化することが命の証だからでしょう。

宇宙でただひとつ確かなことは、変化しているということです。 : バシャール・スピリット

MIL22027//1