「よろこび」には二種類ある 陰陽のバランスで成り立つ「喜び」と それを超えた「悦び」だ 人間を恒久に幸せにするのは 「喜び」ではなく 「悦び」だ : 『タオの法則』をバシャール的に読む

シェアする

「よろこび」には二種類ある 陰陽のバランスで成り立つ「喜び」と それを超えた「悦び」だ 人間を恒久に幸せにするのは 「喜び」ではなく 「悦び」だ : 『タオの法則』をバシャール的に読む

「よろこび」には二種類ある
陰陽のバランスで成り立つ「喜び」と
それを超えた「悦び」だ
人間を恒久に幸せにするのは
「喜び」ではなく
「悦び」だ

以上、千賀 一生 (著) 『タオの法則 老子の秘儀「超」活用法 (超☆きらきら)』P.58より引用させていただきました。

これ面白いですね。

物質的な喜びと精神的な悦びと言って良い気がします。

物質的な喜びは、陰陽のバランスで成り立っているので、「楽あれば苦あり」の状態になります。恒久的には続かない喜びです。

一方、精神的な喜びは、高い意識での悦びなので、物質的なものを超越したところでの悦びです。物質的なものを超越しているので当然そこに終わりはないです。

こちらの悦びは悟りきった悦びであるともいえるでしょう。
概念の世界を超越した状態での悦びは悟りの状態でもあるのでしょう。