あなたの考えを提案するとき、否定の形で伝えさえすればよいのだ。そうすれば、回り道をしても、あなたの目指すことに到達できるだろう。 : 『心を上手に透視する方法』をバシャール的に読む

シェアする

あなたの考えを提案するとき、否定の形で伝えさえすればよいのだ。そうすれば、回り道をしても、あなたの目指すことに到達できるだろう。

以上、トルステン・ハーフェナー (著), 福原美穂子 (翻訳) 『心を上手に透視する方法』P.192より引用させていただきました。

この原理は良いことに利用出来ないだろうか?
なんて考えたりしている。

もともと私はものごとを否定の形で考える傾向が強かったので、逆にこの強い傾向を肯定の方向に使えないだろうかと考える。

たとえば「成功」

  • あなたはきっと成功する気がないのでしょう。
  • あなたは成功するのが気に入らないでしょう。
  • あなたはきっと成功したくないのでしょう。
  • あなたは成功にはふさわしくない。

こう言われると、確かに逆に成功したくなりますね。 🙂
なるほど……この、成功に関する否定的な観念を、さらに否定したくなりますね、私の場合。否定の否定は肯定になる……というところでしょうか。

でも、これだと「お金がない。お金がない。」というのはどうなるんでしょうね。

MIL55037