バシャールの研究:2002年6月16日のセッションにおけるバシャールのオープンコンタクト予測

シェアする

以下、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 北村麻紀 (翻訳) 『バシャール・ペーパーバック7―ワクワクとは、あなたの魂に打たれた刻印である (VOICE新書)』P.186-189を参考にしています。

この本の2002年6月16日、バシャールのセッションによると

2005年から2010年の間に、地球上に住む多くの人々がさまざまな道筋や方法を通して地球以外にも文明が存在するのだと気がつく予測だった。

バシャール達の星間同盟には415の文明がある。むろんこの他にも星間同盟はある。

2025年から2040年の幅の中で、地球がこの星間同盟に加わっている可能性がある。

その前の2013年から2025年の間で地球上の人と他の惑星の人との間に小さなスケールの出会いがある可能性がある。

地球では、新しい社会の形態、新しい政治の形態、新しい動力システム、新しい技術を創っている必要がある。

obj01028