量子論の誕生 量子論で考える電子と原子 電子は光子を放出・吸収して、軌道間をジャンプする : 『みるみる理解できる量子論』より

シェアする

以下、和田純夫 監修『みるみる理解できる量子論―相対論と並ぶ自然界の2大理論 摩訶不思議なミクロの世界 (ニュートンムック―サイエンステキストシリーズ)』P.46-47を参考にさせていただきました。

量子論的な原子模型では、電子のとれる軌道はとびとびになる。

たとえば水素原子を考えたとき、軌道が外に行くほど電子が持つエネルギーが高くなる。

外から光子がやってきたとき、電子は

軌道のエネルギー差に相当するエネルギーをもつ光子だけを吸収する
しかし、しばらくすると元の軌道に戻り
軌道のエネルギー差に相当するエネルギーをもつ光子を放出する

ということで

水素原子は、軌道間のエネルギー差と同じエネルギーの光子だけを吸収したり、放出したりする。

そして、この事実は、電子が波であることの有力な証拠とみなされた。

mil43294

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ