自分のいるべきところに、いるべきときにいて、自分が学ぶ必要のあることが自然とわかります。それをシンクロニシティといいます。 : バシャールを生きる

シェアする

学ぶ必要のあるものを努力なしに学べるような状況を引きつけていきます。
自分のいるべきところに、いるべきときにいて、自分が学ぶ必要のあることが自然とわかります。
それをシンクロニシティといいます。
タイミングと呼んでもいいですね。
これが自動的に起きます。
みなさんは自動創造王、オートマティック・クリエーターです。
考えなくてもいつも創造しつづけているのです。

以上、バシャール(チャネル:ダリル・アンカ) (著), 関野直行 (翻訳)『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P.224より引用させていただきました。

現実をより良いものにするための行動のキーポイントになるのが、このシンクロニシティだと思います。

一番これが、それまでの現実との違いをつくりだす鍵だと思います。

それにシンクロニシティは、ワクワクと次のワクワクをつなぐ役目も果たします。
そうやってワクワクはシンクロニシティを介して次のワクワクへとつながっていきます。

実は私たちは創造主なので、違いを創れるかどうか心配する必要はありません。
だってもうすでにこれまでも現実を創造してきたからです。
現実を創造するのは可能なのです。

MIL56018//1