バシャールの研究 – ある種のコンタクトでシューシューいったり、パチパチいったりする音が聞こえる理由 : バシャールを生きる

シェアする

そのようなコンタクトが起きたときによくあることです。
それは擬似物理現実というレベル、つまり、エーテル次元の少し低い部分やアストラル体と呼ばれる次元で起きるコンタクトです。
そこは電磁気的なエネルギー場なので、シューシューいったり、パチパチいったりする音となって聞こえることがあります。

以上、バシャール(チャネル:ダリル・アンカ) (著), 関野直行 (翻訳)『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P.201より引用させていただきました。

質問者が金縛りにあったとき、FMラジオのザーッというような音を聞き、人がしゃべっているような、何かメッセージが来たようなそんな感じを持ったそうです。

その時の音についてバシャールは、引用した文章のように答えました。

このシューシューという音や、パチパチという音については、いわゆるオカルト本などの不可思議な現象の紹介時にはよく耳にした記憶があります。

stm01036