自分が本当に変わったかどうかは、次に同じ出来事が起きたときの自分の反応で分かる

シェアする

世界を変えようとして自分を変えたのに世界が変わらないとまだ自分は変わっていないのかと不安になります。

そんな時にはこのバシャールの言葉が役に立ちます。

一見世界が変わっていないように見えたとしても、それに対する自分の見方が変わっていれば、実は世界も変わっているのです。

それに対して見方を変えたことでもうすでに違う世界に住んでいるのです。
気がつかないかもしれませんがもうすでに違うパラレルワールドに住み始めているのです。

自分が本当に変わったかどうかを教えてくれるのは、自分のまわりが変わったかどうかではありません。
次に同じ出来事が起きたときの、自分の反応で分かるのです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.52より引用させていただきました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ