人が「自分の人生には困難なことばかりある」と思っているとき、それは、自分がもっともワクワクすることをしていないからです。 by バシャール

シェアする

人が「自分の人生には困難なことばかりある」と思っているとき、それは、自分がもっともワクワクすることをしていないからです。 : バシャール ゴールドより

人間はどうしてもワクワクすることをするより目に付いたネガティブなことにかかわりたい傾向が強いようです。

それを目にすると目にしないとでは、現状には直接何の影響も与えないのですが、ネガティブに囚われたりそれに対して批判を続けていると、心の状態はどんどんワクワク感からは離れていきます。

他人の悪いことに目をつぶれというわけではなく、ある程度でやめておかないと、ネガティブさに自分が飲み込まれてしまいます。

それに、困難はチャレンジに変えるとワクワクになります。