「起きることを許してあげる」ということは

シェアする

「起きることを許してあげる」ということは、自分で責任をもっていて、そして機会がやってきたときに無視をせずに、すかさず、行動を起こすということです。 by バシャール

起きることを許すんだから、自分は何もしないでいいように思いますが、実はチャンスに行動を起こすということなんですね。

そして、チャンスに対して適切な行動を起こすには日ごろの行いが大切なんでしょうね。

野球とサッカーの違いを思い出します。

野球とサッカーでは、試合中に、野球選手はあまり体を動かさないのに比べサッカー選手は常に体を動かしている。

その現象だけを見ていると、野球って体力要らないのでは?と思ってしまいますが、いざという時に最高のプレーをするためには、普段から体力を養っていなければ話になりません。

チャンスがやって来た時に、最高の結果を出すために、普段は厳しい練習をしているのはサッカーも野球も同じです。

ただサッカーは動の中でそれが求められ、野球は静の中でそれを求められるという違いだけです。

チャンスがやって来た時には、何もしないのではなく、すかさず行動を起こす。
そしてチャンスをものにするには普段からの備えが不可欠です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ