自分が与えたものは、自分に返ってくる

シェアする

「自分が与えたものは、自分に返ってくる」。これを”カルマ”と呼んでいる人もたくさんいますが、カルマはみなさんを判断する”業”ではないのです。罰ではありません。エネルギーのバランスを取る、ということなのです。 by バシャール

これをよく聞く言葉でいえば、「情けは人の為ならず」です。
一般的には元の意味とは逆の意味で使われているようですが。

「情けは人の為ならず」という言葉は、人に情けをかけるのはあまり良くないという意味ではなく、他人にかける情けはいずれ自分に帰ってくるから情けは他人の為ではなく自分の為でもある、というような意味だったと聞きます。

まったく同じ文章でも、否定的にも肯定的にもどちらにでもとることができるいい例ですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ