怖れは、「もしもし、見てみたほうがいい観念がありますよ。」と意識のドアをノックするメッセンジャー。

シェアする

「怖れとは、意識のドアをノックしているメッセンジャーである」と考えることができます。「もしもし、見てみたほうがいい観念がありますよ。本来の自分自身と方向が一致するよう調整する必要がありますよ」と言っているのです。:バシャール 2006

ワクワクの観点から見ると、ワクワクを行動に移している自分が本当の自分という大前提がある。

さらに、ワクワクも怖れも同じエネルギーである。
肯定的に見るか否定的に見るかの違いというのがある。

つまり怖れは、そのエネルギーを否定的に見ていますよと教えてくれていることになる。

本来すべては中立なんだから、肯定的にも否定的にも見ることができるのに、あえて否定的に見ていますよ。そのせいであなたはワクワクしていませんよと教えてくれている。

……となりますね。