怖れは、本来の自分自身と方向がずれている観念にふれるためのメカニズム

シェアする

「怖れとは、実は本来の自分自身と方向がずれている観念にふれるためのメカニズムである」 : BASHAR(バシャール) 2006

怖れは教えてくれる。
本来の自分自身と方向がずれている観念を自分が持っていることを。

怖れは、本来の自分、いつもワクワクを行動に移している自分と、方向がずれている観念を持っていると教えてくれる。

ワクワクも怖れも同じエネルギー。
それを肯定的に見るか否定的に見るかだけの違い。

怖れは、本来中立であるものを、否定的に意味づけしていると教えてくれている。

肯定的な意味付けもできるんだよと教えてくれている。