自分の存在の周波数を肉体的なレベルに翻訳した言葉が、ワクワクという気持ちになってきます。

シェアする

みなさんの「自分は誰か」という存在の表現、波動が「ワクワク」です。自分の存在の周波数を肉体的なレベルに翻訳した言葉が、ワクワクという気持ちになってきます。それがみなさんを導いていく信号になります。 by バシャール

自分というある種エネルギーの本来の波動の周波数を肉体的レベルで翻訳するとワクワクになる、ということだと思います。

あるがままの自分が発する波動の周波数はワクワク。
ということだと思います。

生きている以上、生きていることを謳歌するのが、あるがままだし、自然だし、当たり前だし、宇宙の法則に従っている。

生まれたままでワクワクだし、ワクワクと生きて、ワクワクと死んでいく。
それがこの物理次元でのあるがままの自然。