感情は、あなたが「どんな観念を本当だと信じているか」を知らせる《警報システム》

先の記事に、「ネガティブな感情は真実ではないことを真実だと思い込んでしまうことの副作用」とありました。

今回の記事では、「感情は観念が生み出す副作用」とあります。

あなたがどんな考え方をするかによって生まれる副作用が感情であり、もしその考え方が真実でないことを真実だと思い込んでいるならその副作用はネガティブな感情である、そう言えるかと思います。

さらに感情は警報システムになっている。

いい気分なら真実を信じている。
悪い気分なら真実ではないことを信じている。

いい気分になる考え方を選びたいものです。

感情は、観念が生み出す「副作用」です。 また感情は、あなたが「どんな観念を本当だと信じているか」ということを知らせる《警報システム》なのです。 by バシャール