自分が本当に変わったかどうかは、次に同じ出来事が起こったときの自分の反応でわかる

シェアする

自分が本当に変わったかどうかを教えてくれるのは、自分のまわりが変わったかどうかではありません。
次に同じ出来事が起きたときの、自分の反応で分かるのです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.52より引用させていただきました。

まわりを変えるために自分を変えようとするわけですが、変わったはずなのにまた同じ出来事が起きるとなんだ自分はまだ変わっていないのかと落胆する場合があるかもしれません。

しかしバシャールのこの考え方だと起きる出来事と自分が変わったかどうかは無関係です。
同じ出来事が起こってもそれまでとは違う反応をすれば自分は変わったのです。

落胆したその瞬間に自分は元の自分へと戻るだけなのです。
人は毎瞬毎瞬が新しい人です。

いつでも変われます。
いま変わればいいのです。