ヒーラーについて – まず自分自身のバランスをとること。すると、人を助けることができます。それが世界を癒すことへの第一歩となります。 : バシャール ゴールドより

シェアする

まず自分自身のバランスをとること。
すると、人を助けることができます。
それが世界を癒すことへの第一歩となります。
まず自分自身が、バランスがとれて、癒された健康的な存在になること。
それによって、まわりにいる人たちも、みなさんを「自分もあんなふうになれるんだ」という模範として見て、自分自身を癒すことができます。

以上、バシャール(チャネル:ダリル・アンカ) (著), 関野直行 (翻訳)『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P.119より引用させていただきました。

とは言うものの、p.120にはこうあります。

「自分の波動の中に『相手を助けたい』というポジティブな意志があるとき、もう始めてもよいのです。」

以下、引用した部分の前後をまとめてみます。

ヒーラーは、他人を助けたいという願望や意志のもとに出てくる自然なエネルギー場をつくりだすことができる。

そのエネルギー場は、バランスの波動となるようにヒーラー自身もバランスがとれていることが大切。

ヒーラーはある特定の波動を出しており、それは相手に対する招待状のようなもの。
相手のその人は、自分のエネルギーをヒーラーの波動に合わせることができる。

その人がヒーラーの波動に合わせたとき、自分のつくりだした波動によって自分自身を癒すことになる。

これがヒーリングのしくみ。

相手が拾う波動は、バランスのとれたあなたの波動。

自分に引き寄せられてきた人々と交流することによって、あなた自身も同時に癒される。
だから、始める自信がなくても、意志があるときには、その意志とワクワクする気持ちを行動に起こしてくださいとのこと。

そうすれば、交流体験そのものが、あなたの中に残っている問題を変容させ、あなたに自信と能力を与えてくれるとのこと。

また「自分の持つ情報や知識を、それを必要としている人と分かちあうこともヒーリングのひとつです。」(同書p.120)というバシャールの言葉もある。

ヒーリングとは、本来の自分へ向かって波動を上げることを許すということなのです。

jpn01062