物理的な動き、姿勢も波動を持っています。 – テレパシーの原理 : バシャール ゴールドより

シェアする

物理的な動き、姿勢も波動を持っています。
(中略)
すべての物理的なもの、行動や姿勢、物体そのものも、それぞれ固有の振動数を持っていると見ることができます。

以上、バシャール(チャネル:ダリル・アンカ) (著), 関野直行 (翻訳)『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P.24-25より引用させていただきました。

ああ、そうですね、動きや姿勢も波動を持っているんですね。
だからこそ、場所を移動することは波動の周波数が変わることだとバシャールは言っているのですね。

自分の周波数を変える一番簡単な方法は、だから、「身体を動かすこと」なんですね。
シンプルで効果的な自分を変える原理です。

そしてこのすべては固有の振動数を持っていることを利用してテレパシーが可能となる。

行動から姿勢、何から何まで同じように真似することによって、波長の調和がとれてシンクロナイズされてきて、その真似している人と同じようなことを考え、そして同じように感じるようになる。

これがテレパシーの基本となります。

同書p.24-25には以下のようにあります。

「テレパシーというのはお互いの心を読むのではありません。
自分の波動を相手の人の波動としっかり一致させると、自分の現実にもその波動がつくられます。
すると、相手の人と同時に同じことを考えるのです。」

MIL34029//1