バシャールの助言:否定的なもの肯定的なものとは

シェアする

否定的なものというのは、簡単にいうと、なにか物を分離するもの、区別するもの。そういうエネルギーです。そして抵抗が起きるようなものです。
肯定的なものというのは、ひとつに融合するもの、統合するもの、自分自身の統一性と、自分の真実がそのまま出るものをいいます。

以上、ダリル・アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈1〉ワクワクが人生の道標となる。 VOICE新書』P.143より引用させていただきました。

あらためてこうして否定的なものと肯定的なものをならべてみると、否定的なものは人間の思考が絡んでおり、肯定的なものはその根本に無条件の愛があるなと思います。

否定的なものも肯定的なものも、どっちが良い悪いというのはなくて、ただ単に否定的なものは分離だし、肯定的なものは統合というだけで、そこに元々あらかじめ決まった意味などなく中立であり、どっちを選ぶのも自由で、どちらかと言えば楽しいほうを選びたいよねって感じでしょうかね?

tah03057