無条件の愛というのは、絶対の価値観を理解するということであり、内面的にも外面的にもすべてのレベルにおいて自分が価値のある人間だということを認めることなのです。 by バシャール

シェアする

無条件の愛というのは、絶対の価値観を理解するということであり、内面的にも外面的にもすべてのレベルにおいて自分が価値のある人間だということを認めることなのです。

バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』20ページより

以下書いてあることを簡単にまとめてみます。

憎しみが愛の反対語ではありません。

罪悪感が本当の愛の反対語です。

憎しみにはある種の価値判断が含まれています。

ところが罪悪感にはまったく価値判断が含まれていません。

そういう意味で罪悪感は愛の反対語なのです。

……ということで

もし愛を得たいなら自分を愛することです。

自分を愛することで自分が愛の波動となり

愛を引き寄せることができます。

bashar20161123fairy