愛は計測可能:『アミ 小さな宇宙人』をバシャール的に読む

シェアする

愛とはつよさ、振動、エネルギーであり、その効果はわれわれの機械ではかることができる。

以上を、エンリケ・バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)『アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)』40ページより引用させていただきました。

愛が振動やエネルギーであるのなら、確かに計測は可能かもしれません。

ある世界の科学の水準が、愛の水準を遥かに上回ってしまった場合、その世界は自滅するとのこと。

愛の水準が低ければ、多くの人が不幸で、憎しみや暴力や分裂、戦争が多く自滅の可能性が高くなる。

さてそれでは愛に関するバシャールの言葉を調べてみましょう。

本当はひとつの感情しかありません。それは愛です。その他の感情は「愛」の変化したものです。それ以外の肉体から出てくる表現ですね、その表現は個人個人の観念から出てきます。by バシャール

【バシャールの実践】 ツール〈原則・知恵〉「無条件の愛」だけが唯一「本当の現実」。いわゆる「現実」はそれを解釈した「現実の経験」にすぎない

「自分の魂や創造と調和がとれている状態」とは、簡単に言うと、「自分自身を無条件に充分に愛し、大いなるすべてが自分を無条件に愛しているということを受け入れている状態」のことをいいます。 by バシャール

「ワクワク」というのは、みなさんが一番高い波動で振動しているときに肉体的に感じる体験です。それはまた、無条件の愛と同義語でもあります。by バシャール

愛というのは自分と自分のまわりにあるすべてのものに、自分が値するんだ、そういうものを受け入れていいんだという、トータルな見方です。by バシャール

みなさんがふだん「現実」と呼んでいるものは「現実」そのものではないのです。唯一、本当にリアルな現実、「本当の現実」とは、この「無条件の愛」の波動のことです。「現実」と思っているものは「現実の経験」でしかないのです。 by バシャール

無条件の愛をもって人と接触するとき、あなたの波動が相手の波動と共鳴し始めるのです。そして、相手を「知っている」状態になります。無条件の愛が宇宙の基本的な調和の波動なのです。 by バシャール

(無条件の愛とは)皆さんが存在する現実の基礎となっているエネルギーです。創造の中で今まで創られてきたすべてのものに正当性を与える波動です。 by バシャールと宇宙連合

みなさんはひとりひとりが、真に、存在の、無条件の愛のパワーそのものです。創造とその中で起きるすべての変化の源となるのが、無条件の愛です。みなさん、ひとりひとりがその愛そのものなのです。 by バシャール

無条件の愛が宇宙の基本的な調和の波動なのです。自分を、その無条件の愛の波動に共鳴させてください。すべてが可能になります。 by バシャール

命とは、存在の波動であり、無条件の愛とサポートの波動です。そして、「大いなるすべて」の光のエネルギーです。命とは、「大いなるすべて」がさまざまな形で自分自身を経験している、ということです。 : バシャール スドウゲンキ

すべてのものは、無条件の愛のもとに起こります。混乱や困難を創り出すのは「期待」です。こうあるべきだという期待の部分です。 by バシャール

平和、喜び、バランス、ハーモニー、そして情熱の波動こそが「大いなるすべて」なのです。そして、この「大いなるすべて」がもつ特有の波動、これこそが「無条件の愛」と呼ばれているものです。:バシャール 2006

無条件の愛というのは、絶対の価値観を理解するということであり、内面的にも外面的にもすべてのレベルにおいて自分が価値のある人間だということを認めることなのです。 by バシャール

……ということで

こうやって愛をキーワードにバシャールの言葉を並べてみると、ワクワクと大いなるすべてと愛と調和そして命が見事につながりますね。

MIL36025