食べるのをやめてみて、不食になるべき人であれば空腹を感じません。空腹を感じる人は、不食になる人ではなかった、ということです。 by バシャール

シェアする

食べるのをやめてみて、不食になるべき人であれば空腹を感じません。
空腹を感じる人は、不食になる人ではなかった、ということです。
そもそも不食になることに決まっているのであれば、自分で努力しなくても自然にそうなってしまいます。なんとなく食事はしたくないと感じて、なおかつ、食事をしないでも、エネルギーがたくさんあるという体験をするようになります。

以上、さとうみつろう (著), ダリル・アンカ (著)『その名は、バシャール』168ページより引用させていただきました。

以下書いてあることをまとめてみます。

太陽光を食べているという人もいるが、それは太陽によって増幅された電磁場経由で食べているのです。

空気を食べるという場合も、地球の電磁場を経由していることになります。

これらは結局すべて地球の磁場を食べているのです。

不食をすることがスピリチュアルな道として、他と比べて優れているということではない。
食事をする人の中にも不食をする人より波動が高い人がいます。

その人次第なのです。

MIL41059