【バシャールの研究】パーソナリティの三つの構成要素とは

シェアする

パーソナリティの中には三つの構成要素があります。
まず、観念や定義という概念。
次に、これらの観念・定義が感情と思考という経験を生みだします。
そして、それらが物理的なふるまい、つまり、行動や反応を生みだします。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.50より引用させていただきました。

スピリットが肉体を持つとき、自分本来の固有の波動(魂の青写真)の上に重なるのがパーソナリティという枠組みで、それは「大いなるすべて」と調和した、自分本来の固有の波動を通すフィルターとして働く。

そのパーソナリティを構成するのが、この三つ。

概念(観念や定義)、経験(感情と思考)、物理的ふるまい(行動と反応)
観念は感情を生み出し、感情は行動を生み出す。

これは、あるいは

人は信じるものを見て、それに反応する。
そうとも言えるかもしれません。

tah01035