【バシャールの実践】〈怖れ・その3〉パーソナリティやスピリチュアルな意味での死への怖れを手放す

シェアする

もし「自分は永遠の存在である」と知っているなら、
もし「自分という存在はけっして死ぬことはなく、ただ変化するだけなのだ」と知っているなら、
もし「自分は”大いなるすべて”の無条件の愛によって常にサポートされているのだ」と知っているなら、
もし「自分の固有の波動は”大いなるすべて”の持つ波動と調和できる」と知っているなら、
「情熱に従って生きていく」とは、つまり「どんなときも本来の自分自身、”大いなるすべて”の波動と調和した波動でいようとすることなのだ」とわかるでしょう。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.47より引用させていただきました。

私たちは永遠の存在であり
けっして無になることはなく、ただ変化するだけであり
“大いなるすべて”の無条件の愛によって常にサポートされている

そして

私たち固有の波動は”大いなるすべて”の持つ波動と調和が可能で
「情熱に従って生きていく」とは「本来の自分自身、すなわち”大いなるすべて”の波動と調和した波動でいようとすること

そういうことなんですね。

(この現実を体験するために自ら大いなるすべてから分離したのにもかかわらず、その大いなるすべての波動と調和した波動でいようとすることにこそ意味がありそうですね。)

だからこそ

「大いなるすべて」の波動と調和した本当の自分として生きることは、もっともリスクの少ないことなのです。

猫が猫であろうとすることによって、つまり、あるがままの自分でいようとすることによって、塀から落ちるリスクが低くなるのです。(同書P.47)

ということになるのですね。

MIL14003