みなさんの「自分は誰か」という存在の表現、波動が「ワクワク」です。by バシャール

シェアする

バシャールのペーパーバック3の206ページには以下の様にあります。

みなさんの「自分は誰か」という存在の表現、波動が「ワクワク」です。
自分の存在の周波数を肉体的なレベルに翻訳した言葉が、ワクワクという気持ちになってきます。

以下に「ワクワク」について書いてあることを簡単にまとめてみます。

ワクワクという気持ちがみなさんを導いていく信号になります。

自分の歩むべき道を歩むのは簡単です。
歩むべき道を歩んでいるとき、ひとりでにワクワクした気持ちが出てくるからです。

みなさんは何千年もの間、本来の自然な自分に抵抗したり、否定したりしてきました。

ワクワクするものは抑圧しなければいけないと学んできたのです。
「人生というのは辛いものなのだ」と教えられてきたのです。

「ワクワク」というのは、自分が本当にやりたいことをやっている、やりたいことを知っている、もしくは、非常に内なる穏やかさ、心の平和がある、ということです。(同書P.207)

「ワクワク」の波動は、存在の基本的な波動です。
なので、ワクワクを感じるときには、自分が非常に強力になっていると感じるでしょう。

TAH03024

この記事は、以下の本を参考にしています。

バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)