【最重要】 【バシャールの実践】 ツール〈原則・知識〉「光と闇の原則」――存在そのものの特質 – 光と闇の両方がなければ、何者も存在しない。光と闇が一緒になったものが無条件の愛が持つ固有の波動

シェアする

以下、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.40にある

「ツール〈原則・知識〉「光と闇の原則」――存在そのものの特質」についてまとめてみました。

光の中にもちょっとした暗闇があり
暗闇の中にもちょっとした光がある

光の中に見える闇の一点
闇の中に見える光の一点
これは選択の自由を表している

光の中にいるときでも、いつでも闇とつながることができるし
闇の中にいるときでも、いつでも光とつながることができる

光と闇は永遠にお互いに絡まりあって分かちがたい存在

だから

どれだけ暗い状況に見えたとしても、常に光とつながることができるのです。

これが存在そのものの特質です。

(同書P.40)

光と闇の両方がなければ、何者も存在しない
だから、あなたが存在するということは、あなたの中にも光と闇の両方があるということ
そして、あなたの中に両方あるのだとすれば、あなたは常にその両方とアクセスできるということ

光と闇が一緒になったもの、それこそが無条件の愛が持つ固有の波動だからです。

(同書P.40)

私たちの固有の波動は、「大いなるすべて」が持つ固有の波動からできており
「大いなるすべて」の中にあるものは、それを構成する「部分」の中にもあり、また「部分」の中に存在しているものは、たったひとつの「大いなるすべて」の中にも存在する。

MIL36093//1