(無条件の愛とは)皆さんが存在する現実の基礎となっているエネルギーです。創造の中で今まで創られてきたすべてのものに正当性を与える波動です。by バシャールと宇宙連合

シェアする

バシャールと宇宙連合による本『ニュー・メタフィジックス―世界を創る意識の力学』の52ページにはこうあります。

(無条件の愛とは)皆さんが存在する現実の基礎となっているエネルギーです。創造の中で今まで創られてきたすべてのものに正当性を与える波動です。

愛はエネルギーであり波動である……

無条件の愛の対極にあるのがエゴの様な気もします。

(愛の反対語は罪悪感であるとバシャールは言っています)

愛はdoingではなくbeingであると誰かが言っていました。

愛はあるがまま、愛は動作ではなく状態。

誰もひいきしないから、それは無条件の愛です。

差別をしないから、それは無条件の愛です。

そこに何の条件も存在しないから、それは無条件の愛です。

愛は何もしない?だったら無くてもいいんじゃない?

そういう考えもあるかもしれません。

でも、無条件の愛の方が、我々の存在より、先にあると考えられるので

無条件の愛は、永久に、「もうすでにそうであるもの」と言えるのかもしれません。

MIL52045