バシャールと宇宙連合曰く「『存在』とは本質的にそれ自体が完全な定義付けとなっている」

シェアする

バシャールと宇宙連合による本『ニュー・メタフィジックス―世界を創る意識の力学』の19ページにはこうあります。

「いわゆる『存在』には初めも終わりもありません。皆さんの概念における『初め』から『存在』はありました。ここで理解してほしいのは、『存在』とは本質的にそれ自体が完全な定義付けとなっていることです。

時間または空間内のどの任意の地点から見ても、常にそれ自身の定義となります。すなわち『存在は存在する』というだけなのです。」

初めからいきなり難しいですね。

特に「時間または空間内のどの任意の地点から見ても、常にそれ自身の定義となります。」の部分が難解です。

存在するものを存在と定義づけたので、存在は存在すると言う、ただそれだけのこと。

なんでしょうね。

分かったようで分からないような、定義づけたようで定義づけていないような、つまりおそらく意味づけの問題なのでしょう。

それをどう意味づけるか。

それをどう意味づけようがそれの存在としての特質は変わらないが……的な。

もし宇宙に初めがあるのならその前は?とか終わった後は?と考えてしまいますが、存在は存在するただそれだけだと意味づければ、一応精神的には決着がつきます。

その場合ひとつの宇宙の前には別の宇宙が延々と存在するだけだろうし、そもそも宇宙には初めがないと意味づければその前とか後とかについて考えなくても済みます。

初めも終わりもなくただ存在しているものが存在。

そう意味づければ後々疑問も湧きません。

MIL13001