【バシャールの実践】 「ワクワク、情熱に従って生きる」スキルを身につけるうえで、基本となる瞑想 – “完璧に平和な場所”

シェアする

エネルギーのアラインメント(方向性を合わせること)によって、部屋の中のエネルギーや波動が調和され、新しい情報を効果的に吸収することができます。
また、このツールによって、起きることのすべてをまずはあるがままに受け入れることを学び、そして、無条件の愛の波動、エネルギーにふれることができます。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.17より引用させていただきました。

ツール〈瞑想〉エネルギーをアラインさせる。”完璧に平和な場所”――「無条件の愛」の波動の感覚をしみこませる

と題して、同書のP.17からP.29まで詳しく瞑想法が掲載されています。

ドラマチックかつ感動的、そして美しい瞑想となっております。
わたしの好きな瞑想法のひとつです。

エネルギーの方向性を合わせることによって、部屋の中のエネルギーや波動が調和され、その結果新しい情報が効果的に吸収できるようになる。

また、このツールにより、起きることのすべてをあるがままに受け入れることを学び、無条件の愛の波動、エネルギーにふれることができる。

この瞑想を簡単にまとめたものもありますので、よければ以下のページにアクセスしてみてください。

「ワクワク、情熱に従って生きる」スキルを身につけるうえで、もっとも基本となる瞑想 by バシャール (BASHAR 2006 より)

この瞑想を映像化、もしくは映画化して欲しいくらいです。
そして何度でも繰りかえし観てみたいです。

本当はいつどこにいて何をしていようが、この平和な場所はつねに自分の中にあった。
しかし、怖れや疑いが、それを見えなくしていた。

この平和な場所で感じる波動こそ、自分固有の波動、魂のエネルギーなのだ。
この感覚こそが、本当の現実、リアル

この感覚がコンパス
真実の自分の波動と調和がとれているかどうか教えてくれる

ということで
私たちは、怖れや疑いを手放すと
何時でも何処でも平和な場所に
いることができるようです

怖れや疑いが
ほんとは存在しない
険しい山々そして岩肌を
創りだしてしまうようです

MIL12055//1