他の人の選択を判断しないとき、他の人が別の選択をすることを許してあげるとき、その人達と否定的な感情をもたずに交流することができます。 by バシャール

シェアする

他の人の選択を判断しないとき、他の人が別の選択をすることを許してあげるとき、その人達と否定的な感情をもたずに交流することができます。
まわりの人達を無条件の愛で見るとき、その人達は本当の自分自身を生きていくことができます。
それによって、あなたも自分自身を生きることができるのです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈5〉望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること。 (VOICE新書)』P.104より引用させていただきました。

私も気がつけばつねに他の人の選択を判断しています。
ついさっきも、ラジオから流れてくる他人のライフスタイルを判断し批評していました。
そしてそういう行為はたいていその人に対する否定的な感情になってしまいます。

(そして否定的な感情は、否定的な波動を生み、否定的なものを引き寄せてしまう。
その結果、その観念《相手を批判すること》が間違っていることに気づき、考え方を変えようと努力し始める……。)

他の人の選択は判断しない。
他人を裁かない。
他人を自分のエゴを通して見ないことが大切かもしれません。

そしてそういう生き方というのは、無条件の愛に基づいたものなのでしょうね。

M2//1