視覚化できる、イメージが見えるというのは、(略)ずーっと見ていなければいけない、ということではありません。人によっては、本当に一瞬だけしか見えません。それだけで定着しているのです。 by バシャール

シェアする

視覚化できる、イメージが見えるというのは、同じ絵を五時間の間、三次元的な立体像で、ずーっと見ていなければいけない、ということではありません。
人によっては、本当に一瞬だけしか見えません。
それだけで定着しているのです。

以上、Darryl Anka (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈4〉ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある。 (VOICE新書)』P.157より引用させていただきました。

そうだったんですねえ、という感じです。
どちらかというと、イメージ化が苦手でした。

でも、イメージ化というのが時間とは無関係なら、わたしは苦手ではないかもしれません。

バシャール曰く、ほんの一瞬しかイメージが飛んでこないのは充分ではないのだ、と否定的なものを与えることで、自分の中にそういった現実をつくりだしているだそうです。

観念が現実を創るというのは、バシャールがいつも言っていることでした。(^-^;

イメージ化においても、自分流のやり方が一番適切だそうです。

JPN02022