時間と空間の中にある一点に、すべてのものが入っています。精神性を求めている人、スピリチュアルな探求をしている人、それはただ、すべてのものが自分の中にある、ということを認識する旅です。 : バシャールの学校

シェアする

時間と空間の中にある一点に、すべてのものが入っています。
精神性を求めている人、スピリチュアルな探求をしている人、それはただ、すべてのものが自分の中にある、ということを認識する旅です。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック4―ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある (VOICE新書)』P.43より引用させていただきました。

点には幅も大きさもなく、厳密に言えば限りなく無に近いけど無ではない。

だいたい、無というのは、考えることはできるが、文字通り無は存在できない。
だって、無だから。無が存在したら無でなくなってしまう。

時間と空間が存在しない世界は、点のようなもので、限りなく無に近いのだろう。
だけど、その限りなく無に近い一点にすべてが含まれている。

だとすればある意味、何もないと見えると言うことは、ありとあらゆるすべてが同時にいまここという一点に存在していることになる。

何もないと言うこと、時間も空間もないと言うことは、逆に、すべてが存在すると言うこと。
限りなく無に近い一点がすべてを満たしていると言うこと。
限りなく無に近い一点がすべてになると言うこと。

……だと、思います。