みなさんが創造している現実、そのすぐ下にあるのが先程いった三つ、観念と感情、そして思考パターンです。その三つのどれかを変えると、自分の創り出した人生の現実はすぐ変わります。 : バシャールの学校

シェアする

みなさんが創造している現実、そのすぐ下にあるのが先程いった三つ、観念と感情、そして思考パターンです。その三つのどれかを変えると、自分の創り出した人生の現実はすぐ変わります。

以上、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック4―ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある (VOICE新書)』P.9より引用させていただきました。

現実を変えるために変えるとしたら、観念と感情、そして思考パターンのうち、どれを変えるのが一番簡単でしょうかね。

バシャールは別のところで

「観念」が「感情」、を創り出します。「感情」が「思考パターン」を創りだします。そして、「思考パターン」が物理次元に起きる「現実」を創り出します。 by バシャール

と言っており、この三つの流れというか順番は決まっているようです。

逆に一番変えるのが難しく思えるのが、感情のような気もします。
怒り、嫉妬、憂鬱さ等々嫌な感情ではありますが、なかなか意図的に抜けることが出来ない感情でもあります。

あるいはこれは思考パターンに入るのかどうか分かりませが、それについて考えないようにしようと思えば思うほどそれについて考えてしまうというのもあります。

……と考えてくると、一番変えやすいのは観念かな?という気もします。