すべてのもの、すべての場所、すべての時は、いま、ここにあるだけです。ですから、どのような現実も、自分が望む現実も、チャンネルを違う周波数に切り換えるだけで体験し、見ることができるのです。 by バシャール

シェアする

過去も現在も未来も、文字どおり、まさにいま、ここにあります。
すべてのもの、すべての場所、すべての時は、いま、ここにあるだけです。
ですから、どのような現実も、自分が望む現実も、チャンネルを違う周波数に切り換えるだけで体験し、見ることができるのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳) 『バシャールゴールド』P.194より引用させていただきました。

時間が連続しているように感じるのは、いまの瞬間と次の瞬間、そして前の瞬間を、連続していると定義づけているから。

だから、過去から引きずってきているかのように思えることも、実際は、いまこの瞬間につくっているだけ。

ポイントは、周波数を切り換えるだけで、望む現実を見ることができる、というところですかね。

じゃあどうやって周波数を切り換えるか。

それは、観念を変えることなんでしょうね。

観念を変えると感情が変わり、感情が変わると行動が変わり、行動が変わると現実が変わりますからね。