瞑想一覧

瞑想は、実は危険を伴う行為でもあります。過去の経験や記憶によっては、たくさんのネガティブな思いが浮かび上がってきます。瞑想をするということは、潜在意識というパンドラの箱を開けるようなものだからです。 :『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』より

ところが瞑想は、実は危険を伴う行為でもあります。過去の経験や記憶によっては、たくさんのネガティブな思いが浮かび上がってきます。瞑想をするとい...

瞑想をすることは、心を空っぽにすることです。ノーマインドにすることです。それはあなたが生まれてから、あるいはその前からの記憶や執着を「手放す」ということです。 :『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』より

瞑想をすることは、心を空っぽにすることです。ノーマインドにすることです。それはあなたが生まれてから、あるいはその前からの記憶や執着を「手放す...

われわれは、神の前にのみ、ひざまずくことができる。自分の心の奥底、孤独の中での内的コミュニケーションによって、はじめてその目に見えない存在にひざまずくことができる。:『もどってきたアミ―小さな宇宙人』

われわれは、神の前にのみ、ひざまずくことができる。ただ、自分の心の奥底、孤独の中での内的コミュニケーション、つまり瞑想と祈りによって、はじめ...

落ち込みとは、ひとつの形の瞑想です。答えが外に見出せないと知って、自己の内へと入って行っているだけです。性格を構成し直して再び浮上してくる時には、新しい性格とものの見方をもった新しい人となります。by バシャールと宇宙連合

落ち込みとは、単にひとつの形の瞑想でしかありません。自分の求めている答えが外に見出せないと知って、自己の内へと目を向けている状態です。 (...

(性格の変化は)天啓を受けた時や自己の気づきや瞑想を通じても、それがよく起こります。皆さんが落ち込みと呼んでいる状態を通じても変化します。 by バシャールと宇宙連合 : 『ニュー・メタフィジックス』

(性格の変化は)天啓を受けた時や自己の気づきや瞑想を通じても、それがよく起こります。皆さんが落ち込みと呼んでいる状態(否定的な判断を与えなけ...

「瞑想をしよう」とすると、そこにはしようとしている『自我』が存在する。何かをしようとする自我そのものがなくなれば、無我の境地、禅定状態になる。このことの意味が理解できたなら、さとりは目前。 : もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「瞑想をしよう」とすると、そこにはしようとしている私、『自我』が存在...