未来図 Part 2一覧

三次元を体験しようとする時には、三次元にいるための『制限』が必要です。(中略)シフトは、常に瞬間的なものです。(中略)体験だけが真実です。by バシャール : 『未来図 Part 2』をバシャール的に読む

三次元を体験しようとする時には、三次元にいるための『制限』が必要です。(中略)シフトは、常に瞬間的なものです。(中略)体験だけが真実です。b...

物理次元というのは、鏡の館のようなものです。『怖れ』の館にいたいのか、『喜び』の館にいたいのか、その違いです。その人自身が投影する波動が、周波数が、まわりの鏡にぶつかって返ってきます。by バシャール

物理次元というのは、 鏡がいっぱいの遊園地なんかにある、 鏡の館(ミラールーム)のようなものです。 それぞれの人が、『怖れ』の館にいた...

ポジティブなものが起きる、ネガティブなものが起きる……というのではなくて、必ず中立なものが起きています。それに自分がポジティブ、もしくはネガティブな意味を与えることで、それを体験します。by バシャール

ポジティブなものが起きる、ネガティブなものが起きる…… というのではなくて、必ず中立なものが起きています。 そして、それに自分がポ...

「一番大きな力を出すには、最高に、軽いタッチしか必要ない」ということです。本当の自分と一致している時、小さなシンプルな動きだけで、深い結果を生むことができます。by バシャール : 『未来図 Part 2』

「一番大きな力を出すには、最高に、軽いタッチしか必要ない」ということです。本当の自分と一致している時、小さなシンプルな動きだけで、深い結果を...

2012年というのは、プリズムのような役をして、ひとつの光が、いくつにも分かれていくように、それぞれの人たちが、自分の周波数に応じて、異なる現実に入っていきます。by バシャール : 『未来図 Part 2』

2012年というのは、プリズムのような役をして、ひとつの光が、いくつにも分かれていくように、それぞれの人たちが、自分の周波数に応じて、異なる...

2012年に突入し、それぞれの周波数によって、分かれた現実を創っていって、それが、時間が経てば経つほど広がっていって、そこから他の周波数に移るというのが、難しくなります。by バシャール : 『未来図 Part 2』

2012年に突入し、それぞれの周波数によって、分かれた現実を創っていって、それが、時間が経てば経つほど広がっていって、そこから他の周波数に移...

『怖れ』の波動は機械的にネガティブで、ものを分離する波動です。そして体の組織は分離されることによって、機能が落ちます。ハイヤーマインドの波動は、すべてをつなぐ波動です。by バシャール : 『未来図 Part 2』

『怖れ』の波動は機械的にネガティブで、ものを分離する波動です。そして体の組織は分離されることによって、機能が落ちます。ハイヤーマインドの波動...