J.クリシュナムルティ著『瞑想』一覧

より広い より深い超越的な体験を たえず追いもとめていくのは ”あるがまま”の実際の現実から 逃避していく ひとつの姿にすぎません : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

より広い より深い超越的な体験を たえず追いもとめていくのは ”あるがまま”の実際の現実から 逃避していく ひとつの姿にすぎません ...

ただしい生活とは 社会の道徳にしたがうことではありません ねたみや 貪欲さや 権力の渇望などから 自由になることです 自分を知ることをとおして それらに気づくことによって 自由になれるのです : 『瞑想』

ただしい生活とは 社会の道徳にしたがうことではありません ねたみや 貪欲さや 権力の渇望などから 自由になることです (中略) 自...

頭は 発電機のように 摩擦があると 騒音をだしますが 完璧に動いているときには ほとんど音をたてず 静かになります : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

頭は 発電機のように 摩擦があると 騒音をだしますが 完璧に動いているときには ほとんど音をたてず 静かになります 以上、J.クリ...

思考のあらゆる動きを たんねんに調べ 観察し それらに耳を傾けるようになり 頭がどのようにはたらいているかを 見まもるようになると 頭がおどろくほど静かになってゆくことに 気づくでしょう : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

思考のあらゆる動き―― つまり それがどのように条件づけられ なにを追いもとめ なにを恐れ なにを楽しみとしているか ということを ...

おしゃべりや 憎しみや 嫉妬を見つめ あなた自身のなかで これらすべてのことに 思考をさしはさむことなく気づいているとき それはすでに 瞑想になっています : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

あなたが自分自身について知るとき つまり あなた自身を見つめ どのように歩き どのように食べ なにを話しているかを見まもり おしゃべ...

宗教的な心というのは 愛が炸裂することです この愛は どんな分離も知りません 愛という状態のなかでは すべての分裂がなくなります : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

宗教的な心というのは 愛が炸裂することです この愛は どんな分離も知りません 愛にとっては 遠くも近くもないのです 一も 多もあ...

瞑想のなかにある心(マインド)は 静かです それは 思考が その表象 言葉 知覚のすべてとともに すっかりやんでしまうときにおとずれる静けさです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

瞑想のなかにある心(マインド)は 静かです それは 思考でとらえられる静けさではありません おだやかな夕ぐれどきの静寂ともちがいます ...