「 J.クリシュナムルティ著『瞑想』 」一覧

瞑想とは 知られているものを 超えてゆくことです すっかり静まった心による瞑想 それは ひとがたえずもとめている 祝福です この静けさのなかに 静寂の あらゆる質があります : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

瞑想とは 知られているものを 超えてゆくことです すっかり静まった心による瞑想 それは ひとがたえずもとめている 祝福です この静けさのなかに 静寂の あらゆる質があります : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

瞑想とは 知られているものを 超えてゆくことです すっかり静まった心による瞑想 それは ひとがたえずもとめている 祝福です こ...

私たちは わかっていない うるさくつきまとう快楽と その苦しみから自由になることが どれほど重要か ということを そうすれば 心は 独りきりになる まったく独りきりになっている心だけが ひらいている : 『瞑想』

私たちは わかっていない うるさくつきまとう快楽と その苦しみから自由になることが どれほど重要か ということを そうすれば 心は 独りきりになる まったく独りきりになっている心だけが ひらいている : 『瞑想』

私たちは わかっていない うるさくつきまとう快楽と その苦しみから自由になることが どれほど重要か ということを そうすれば 心は...

思考によって そのまわりにつくられた ”わたし”という空間のなかでは 愛は ”わたし”と”わたしでないもの”との 争いになってしまうからです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

思考によって そのまわりにつくられた ”わたし”という空間のなかでは 愛は ”わたし”と”わたしでないもの”との 争いになってしまうからです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

思考によって そのまわりにつくられた ”わたし”という空間のなかでは 愛は ”わたし”と”わたしでないもの”との 争いになってしまう...

思考が そのまわりにつくりだす空間には 愛がありません そのような空間は 人と人をへだてるものになります その空間のなかで ひとは何者かになろうとし 人生の闘いがおこり 苦しみや恐れがうまれます : 『瞑想』

思考が そのまわりにつくりだす空間には 愛がありません そのような空間は 人と人をへだてるものになります その空間のなかで ひとは何者かになろうとし 人生の闘いがおこり 苦しみや恐れがうまれます : 『瞑想』

思考が そのまわりにつくりだす空間には 愛がありません そのような空間は 人と人をへだてるものになります その空間のなかで ひとは...