世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え一覧

シンプルかつ画期的な精神修養は、「いま、この瞬間」にやって来たものをすべて、丸ごと受け入れてしまうことです。 : エックハルト・トール

シンプルかつ画期的な精神修養は、「いま、この瞬間」にやって来たものをすべて、丸ごと受け入れてしまうことです。 以上、エックハルト・トール ...

現状に、あるいは「すでにそうであるもの」に「イエス」というなら、生命のパワーと叡智に同調することができます。 : エックハルト・トール

現状に、あるいは「すでにそうであるもの」に「イエス」というなら、生命のパワーと叡智に同調することができます。 以上、エックハルト・トール ...

純粋な意識にもとづいて行動しているかぎり、行動すること自体が、すべての瞬間に充実したものになります。あなたはもう「いま、この瞬間」を「目的のための手段」にしていません。 : エックハルト・トール

純粋な意識にもとづいて行動しているかぎり、行動すること自体が、すべての瞬間に充実したものになります。あなたはもう「いま、この瞬間」を「目的の...

嫉妬は、他人に何か良いことが起きたとき、あるいは、他人が自分よりも所有している、自分よりも知識がある、自分よりも能力があるときに、エゴが矮小化したように感じることから生じる副産物です。 : エックハルト・トール

嫉妬は、他人に何か良いことが起きたとき、あるいは、他人が自分よりも所有している、自分よりも知識がある、自分よりも能力があるときに、エゴが矮小...

エゴはいつも、物事や人と衝突している必要があります。これが、平和や喜びや愛を求めていながら、実際にそれがやって来ると、長くは耐えられない理由なのです。 : エックハルト・トール

エゴはいつも、物事や人と衝突している必要があります。これが、平和や喜びや愛を求めていながら、実際にそれがやって来ると、長くは耐えられない理由...

自分が相手に対して抱いているかもしれない、優越感か、劣等感の微妙な感覚を察知することができますか?もしそうなら、比較することによって生き延びている、自分自身のエゴを見ているのです。 : エックハルト・トール

人との交流において、自分が相手に対して抱いているかもしれない、優越感か、劣等感の微妙な感覚を察知することができますか?もしそうなら、相手の「...

「すべて離ればなれ」というアイデンティティの感覚は、敵をつくることによって強化することができるため、エゴはいつも争いに飢えています。 : エックハルト・トール

「すべて離ればなれ」というアイデンティティの感覚は、敵をつくることによって強化することができるため、エゴはいつも争いに飢えています。それで、...