もっと あの世に聞いた、この世の仕組み一覧

「幸せが必要」なのではなく、「不幸が不要」なのです。「幸せが足りない」のではありません。「不幸が多すぎる」のです。どうか、「幸せ」を得ようとはしないでください。「不幸」を手放してください。 :もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「幸せが必要」なのではなく、「不幸が不要」なのです。 「幸せが足り...

「神の恩寵を得られる資格のある人間になろう」などという努力や修行は必要ない。おまえ(意識)が我が家(いまここ)で待ってくれさえすれば、簡単に受け取ることができる。:もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「神の恩寵を得られる資格のある人間になろう」などという努力や修行は必...

自我は「変化」を嫌うから、「人生を変えたい」と言いつつも、実際の生活に変化を取り入れようとしない人が多い。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 自我は「変化」を嫌うからね。 「人生を変えたい」と言いつつも、実際...

ありのままの自分を受け入れることができていなければ、「僕のところに神様からプレゼントが届くはずがないじゃないか」といった姿勢が生まれる。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に ありのままの自分を受け入れることができていなければ、「僕のところに神...

「叶ったかのように振る舞う」んだろう?だったら、それはつまり「もう実現しようとはしていない」ということ。だって、「すでに叶っている」んだから。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に (「引き寄せの法則」はどうすればうまく活用できるのか) 「叶ったか...

恐れることなく、自分の気持ちに正直に、「うれしい」「楽しい」「大好き」をアンテナとして、ゆったりと人生を楽しめば、想像を超えた形で、夢は叶う。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 恐れることなく、自分の気持ちに正直に、「うれしい」「楽しい」「大好き...

「いつか訪れるであろう幸せ」のために「義務」「犠牲」「我慢」を背負うのではなく、いまここにある幸せ「LOVE」「THANKS」「ENJOY」をつかもう! : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「いつか訪れるであろう幸せ」のために「義務」「犠牲」「我慢」を背負う...

アセンション後はモチベーションが、「義務」「犠牲」「我慢」の三つから、「愛」「感謝」「楽しむ・味わう」の三つへと切り替わる。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 第一ステージで活用されてきたモチベーションは「3G」。 それは、「...

(アセンション後は)問題に対して反射的(自動的)に反応していた混乱・錯乱状態から、冷静な自覚をもって取捨選択できる、透徹・明晰な意識状態になっている。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に (アセンション後の新世界では)問題に対して反射的(自動的)に反応して...

(アセンション後は)「プレイヤー」という俯瞰の視点を得たことによって、「深刻さ」の中に埋没することがなくなる。 : 雲 黒斎著『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に (アセンション後は)「プレイヤー」という俯瞰の視点を得たことによって...