あの世に聞いた、この世の仕組み一覧

自分が自分であることを、徹底的に認めてあげられることが、「何もしない」ってこと。「違う自分になろうとするな」ってこと。「そのままの自分であれ」という意味だ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 自分が自分であることを、徹底的に認めてあげられることが、「何もしない」ってこ...

人類はエージェントが仕掛けたこの洗脳にすっかり取り込まれ、「幸せにはそれ相応の因果が必要」という誤った認識を抱え「願望実現」という果てなき旅にでることになったんだ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 人類はエージェントが仕掛けたこの洗脳にすっかり取り込まれ、「幸せにはそれ相応...

(中略)洗脳から逃れ、現実世界に戻るにはどうしたらいい? 苦しみから解放され、幸せに満たされるにはどうしたらいい? 何もするな。 「えっ?」 何もしないことだよ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に (中略)洗脳から逃れ、現実世界に戻るにはどうしたらいい? 苦しみから解放され...

そのことに気づけないでいることが「苦」なんだ。現実を忘れ、マトリックスにつながれっぱなしで幻想を生きつづけるから「苦」なんだよ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版をバシャール的に読む

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に そのことに気づけないでいることが「苦」なんだ。現実を忘れ、マトリックスにつな...

おまえはずっと「被害者」を演じていたんだ。悲劇の主人公でいることを望み、目の前にある状況を「僕を苦しめる要因」として意味づけていたんだよ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に おまえはずっと「被害者」を演じていたんだ。悲劇の主人公でいることを望み、目の...

おまえは「いまのここ(現実)」にある音や薫り、空気感や肌に触れている服の感触などを忘れて、「思考がつくり出した世界(仮想現実)」にリアリティを感じ、その世界に生きていたんだよ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に なのに、おまえは「いまのここ(現実)」にある音や薫り、空気感や肌に触れている...

体はいつだって「いまのここ」にしか存在していないのに、気持ちはそこから離れて、「過去や未来」を見ているんだ。体と心がバラバラで一致していない(幽体)「離脱」状態なんだよ。 :『あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 体はいつだって「いまのここ」にしか存在していないのに、気持ちはそこから離れて...

自我(エゴ)という名の壁がなくなったとき、壁の内にあった「空間(本当の自分)」と、壁の外にあった「空間(大いなる存在)」が一つとなり、存在本来の姿(全体)となる。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』を読む

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 自我(エゴ)という名の壁がなくなったとき、壁の内にあった「空間(本当の自分)...