あの世に聞いた、この世の仕組み一覧

「過去」や「未来」といった幻想の中には、本当の幸せはない。そこにあるのは、「時間」という拘束に縛られた「つかの間の快楽(時間とともに不幸に裏返る、偽の幸福)」だけだ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「過去」や「未来」といった幻想(マトリックス)の中には、本当の幸せはない。そ...

「幸せになりたい」という思いは、「現状を受け入れたくない」という思いの裏返しなんだ。でも、本当の幸せは、その「いま」の中にしか存在しない。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「幸せになりたい」という思いは、「現状を受け入れたくない」という思いの裏返し...

「何かを握りしめつづける」ということは、努力が必要な「行為」だが、「手放す」というのは、「握りしめることをやめる」ということだから「行為」ではない。「行為をやめること」が「手放す」:あの世に聞いた、この世の仕組み

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「何かを握りしめつづける(執着する)」ということは、努力が必要な「行為」だ。...

何者かになろうとする努力をやめれば、自然と素の自分になる。「自然になろう」とする努力は必要ない。自分が無理している「不自然」な部分を自覚し、それを続けなければいいだけだ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 何者かになろうとする努力をやめれば、自然と素の自分になる。 「自然になろう...

「不自然」でありつづけることには、努力が必要だが、「自然」になるために努力は必要ない。なぜなら、「何もしなければ、元から自然」なんだから。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版を読む

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「不自然」でありつづけることには、努力が必要だが、「自然」になるために努力は...

「このままでは認めてもらえない・受け入れてもらえない」という不安がもととなり、人は「演技」するようになる。それは、自分本来の「個性」を受け入れず、自分ではないモノになろうとする努力だ。:あの世に聞いた、この世の仕組み

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 「このままでは認めてもらえない・受け入れてもらえない」という不安がもととなり...

本当は「そのままの自分」に、「いい」も「悪い」もない。ただ、そういう人であるだけ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版をバシャール的に読む

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に 本当はね「そのままの自分」に、「いい」も「悪い」もないんだよ。ただ、そういう...

人は、自分の心の中にイメージとしてあるものしかかなえられないものです。イメージのないものは、見ようもなく、それゆえ、かなえようもないものです。 : 佳川 奈未 著『幸せな奇跡を起こす本』を読む

佳川 奈未 さん著の『恋とお金と夢に効く! 幸せな奇跡を起こす本』という本に 人は、自分の心の中にイメージとしてあるものしかかなえられない...