「 バシャール・ペーパーバック4 」一覧

NO IMAGE

真の意味での静けさは、すべての人とつながっている状態です。 その中に否定的なものは、なにもありません。 すべてのものは、無条件の愛に値するものであり、平等です。 by バシャール

真の意味での静けさは、すべての人とつながっている状態です。 その中に否定的なものは、なにもありません。 すべてのものは、無条件の愛に値す...

NO IMAGE

「共感」とは、感情が平らになることです。バランスの取れた状態になります。別の言い方をすれば、感情が上がったり下がったり、あまり大きく振れないということです。真の共感は、自分の心の中に、まず心の平和がなければやってきません。:バシャールの学校

「共感」とは、感情が平らになることです。 バランスの取れた状態になります。 別の言い方をすれば、感情が上がったり下がったり、あまり大きく...

NO IMAGE

感謝は、無限のサポートを自分で認識したとき感じます。自分が無限の存在とつながっていることを感じ、人生に格別な努力は必要ないのだと認識したとき、感謝という感情が出てくるのです。 : バシャールの学校

感謝は、無限のサポートを自分で認識したとき感じます。 自分が無限の存在とつながっていることを感じ、人生に格別な努力は必要ないのだと認識した...

NO IMAGE

創造的な人間関係は、リラックスした状態、インスピレーションに満ちた状態のとき起こります。簡単にいうと、二人でどうやって遊ぶかを学んでいるだけなのです。できるだけ無条件に相手を愛する、ということを共に学んでいるのです。:バシャールの学校

創造的な人間関係は、リラックスした状態、インスピレーションに満ちた状態のとき起こります。 簡単にいうと、二人でどうやって遊ぶかを学んでいる...

NO IMAGE

すべての人間関係に必要なのは、信頼だけです。自分が透明な光り輝く水晶であるとき、あなたの足元を揺るがすものは、なにもありません。あなたは常に輝いて、他の人に奉仕することができます。 : バシャールの学校

すべての人間関係に必要なのは、信頼だけです。 光り輝く水晶の結晶のような自分になって、輝いて欲しいのです。 自分が透明な光り輝く水晶であ...

NO IMAGE

時には、もうすでに自分が学ぶべきことを学んでいる相手にひきつけられる場合があります。その場合は、その相手に自分がすでに学んだことを、自分の愛から教えてあげることになります。 : バシャールの学校

時には、先程いったように、もうすでに自分が学ぶべきことを学んでいる相手にひきつけられる場合があります。 その場合は、その相手に自分がすでに...

NO IMAGE

覚えておいて欲しいのは、どんな人でもあなたの目の前に現れてくる人は、そのときあなたに一番必要なものを反映して見せてくれている、ということです。人間関係とは、鏡を見るのと同じです。自分自身の別の側面を、そこに見ます。 : バシャールの学校

覚えておいて欲しいのは、どんな人でもあなたの目の前に現れてくる人は、そのときあなたに一番必要なものを反映して見せてくれている、ということです...

NO IMAGE

あなた自身がハートをオープンに、コミュニケーションをオープンにして、正直に付き合っているとき、すべての人間関係はより活気づく方向に行きます。 : バシャールの学校

あなた自身がハートをオープンに、コミュニケーションをオープンにして、正直に付き合っているとき、すべての人間関係はより活気づく方向に行きます。...

NO IMAGE

自分自身を完璧と見ていないとき、外に完璧なものを探そうとするとき、充実した満足のいく人間関係は手に入りません。面倒な人間関係をもたらします。満足して、充実しているとき、それを反映するような人間関係をひきつけます。 : バシャールの学校

自分自身を完璧と見ていないとき、外に完璧なものを探そうとするときは、充実した満足のいく人間関係は手に入りません。 とても面倒な人間関係をも...