「 バシャール・ペーパーバック5 」一覧

時間と呼ばれているものも、みなさんの幻想です。みなさんなくして、時間は存在し得ないのです。みなさんが過去世、来世と呼んでいるものはすべて「今、ここ」に同時に存在しています。 by バシャール

時間と呼ばれているものも、みなさんの幻想です。みなさんなくして、時間は存在し得ないのです。みなさんが過去世、来世と呼んでいるものはすべて「今、ここ」に同時に存在しています。 by バシャール

時間と呼ばれているものも、みなさんの幻想です。 (中略) みなさんなくして、時間は存在し得ないのです。 みなさんが過去世、来世と呼んで...

「思い出す」という概念は、別のいい方をすれば「統合するプロセス」であるといってもよいでしょう。日常生活の中の性格を形作っている分離された部分を、再び、ひとつに統合するプロセスであるといえます。 by バシャール

「思い出す」という概念は、別のいい方をすれば「統合するプロセス」であるといってもよいでしょう。日常生活の中の性格を形作っている分離された部分を、再び、ひとつに統合するプロセスであるといえます。 by バシャール

「思い出す」という概念は、別のいい方をすれば「統合するプロセス」であるといってもよいでしょう。 日常生活の中の性格を形作っている分離された...

無意識レベルをもつことの否定的な側面は、自分で見たくないものや怖いものがあるとき、それを無意識の中にしまい込んで知らん顔ができることです。 by バシャール

無意識レベルをもつことの否定的な側面は、自分で見たくないものや怖いものがあるとき、それを無意識の中にしまい込んで知らん顔ができることです。 by バシャール

無意識レベルをもつことの否定的な側面は、自分で見たくないものや怖いものがあるとき、それを無意識の中にしまい込んで知らん顔ができることです。 ...

みなさんは、今見たくないものをしまっておくところとして、無意識を創り出しました。無意識レベルをもつことの長所は、物事をひとつずつ体験できるという便利さです。 by バシャール

みなさんは、今見たくないものをしまっておくところとして、無意識を創り出しました。無意識レベルをもつことの長所は、物事をひとつずつ体験できるという便利さです。 by バシャール

みなさんは、今見たくないものをしまっておくところとして、無意識を創り出しました。(中略) 無意識レベルをもつことの長所は、物事をひとつずつ...

みなさんは無限の一面ですから、もうすでに、本当は無限な存在なのです。ところが、自分の意識を、いろいろな小さな部分に分けてしまって、特定のエゴの部分や性格の中に閉じこもったままにすることを覚えてしまいました。 by バシャール

みなさんは無限の一面ですから、もうすでに、本当は無限な存在なのです。ところが、自分の意識を、いろいろな小さな部分に分けてしまって、特定のエゴの部分や性格の中に閉じこもったままにすることを覚えてしまいました。 by バシャール

みなさんは無限の一面ですから、もうすでに、本当は無限な存在なのです。 ところが、(中略)自分の意識を、いろいろな小さな部分に分けてしまって...

ひとつの点は、すべての他の点もその中に含むということです。宇宙とは常に、情報がホロニックに配列されたものなのです。それが意識そのものです。 by バシャール

ひとつの点は、すべての他の点もその中に含むということです。宇宙とは常に、情報がホロニックに配列されたものなのです。それが意識そのものです。 by バシャール

すべてはひとつのものです。 簡単にいってしまえば、すべての原子は、ひとつの同じ原子なのです。 同時にマトリックスとして具現化しているだけ...