瞑想は なにかに集中することではありません 集中するとは 排除すること 切り離すこと 抵抗することです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 86

瞑想は
なにかに集中することではありません
集中するとは
排除すること
切り離すこと
抵抗することです

以上、J.クリシュナムルティ (著), 中川吉春(翻訳)『瞑想』P.78より引用させていただきました。

集中することは、悪いことではないと思っていましたけどね。

それが、集中することが、排除すること、切り離すこと、抵抗することになってしまうとは!

ちょっとした驚きです。

—2013年4月9日追記

実に深いですね……

じゃあ瞑想ってなんなんだ?となると以下のようにあります。

瞑想とは 分離がなくなることです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

まさに瞑想は「集中」とは逆の行為に思えます。

瞑想とは 概念や固定観念が なにひとつない心の状態です 心が完全に自由になった状態です そのような心にだけ 至福がおとずれます : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

という表現もあります。

瞑想とは あるがままに ものを見ることであり それを超えていくことです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

この表現が一番わかりやすいかも知れません。

こんな、瞑想とは、もあります。

おしゃべりや 憎しみや 嫉妬を見つめ あなた自身のなかで これらすべてのことに 思考をさしはさむことなく気づいているとき それはすでに 瞑想になっています : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

瞑想のなかにある心(マインド)は 静かです それは 思考が その表象 言葉 知覚のすべてとともに すっかりやんでしまうときにおとずれる静けさです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

最後にこの言葉を

瞑想とは 完全な注意をはらって あらゆるものを見ている 心の状態です 部分に注意をむけるのではなく 全体に注意をむけるのです : J.クリシュナムルティ著『瞑想』