愛が花ひらくこと それが瞑想です : J.クリシュナムルティ著『瞑想』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

愛が花ひらくこと
それが瞑想です

以上、J.クリシュナムルティ (著), 中川吉春(翻訳)『瞑想』P.73より引用させていただきました。

実はこの少し前にこんなことが書かれていました。

信念も理想も必要ではない。
なぜなら”あるがまま”の事実が明らかにされるに必要なエネルギーを逸らしてしまうから。

確かに、信念や理想は、あるがままから逸らしてしまうかもしれないけれど、果たしてそのあるがままが、本当のあるがままなのかどうか、偽のあるがままではないのか?なんて考えてしまいます。

本人がただあるがままだと思っているあるがままは本当のあるがままなのでしょうか?

本当のあるがままになる信念や理想は必要な気がしますが、どうなんでしょう?

あるいは、信念や理想を持った時点で、それはあるがままではなくなってしまうのでしょうか?

わかりません。

あるがままであれば、当然、愛は花開くでしょうね。
なぜなら私たちの本質が愛だからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ